2016年11月29日

記事616 ケーススタディ フィデル・カストロ(後編)


fidel_0802.jpg
ttps://twitter.com/fidel_botより引用

フィデル・カストロ(1926年8月13日-2016年11月25日)




カストロ氏のホロスコープにおいては指導者の資質を
象徴する獅子座に太陽、水星、海王星という天体が位置して
いることはまぎれもなく、国家指導者としての資質を備えて
いる
ことの示唆であり、この点では十分に資格にかなった
人物であることは間違いありません。



そこに海王星も併存していることは、キューバ革命という
歴史的事件とその進展、そして彼自身の人生に劇的かつ
ロマンの要素があることも示唆しています。



しかし一方でその歴史的経過において1962年の有名な
キューバ危機、そして革命後に幾十万もの亡命者や
政治難民を生みだし、政治的に意見や見解を異にする
人々を投獄してきたという圧政も強い批判の的となって
きました。



そのことは彼の資質や人格、思考を象徴する獅子座の
太陽、水星、海王星がその対極にある水瓶座の木星が
運勢上の波乱の位置にあること、そして「試練の星」で
ある土星が蠍座にあり、獅子座のそれらの天体とは
凶意を持つ角度にあること、そしてその土星がカストロ氏の
行動を象徴する牡牛座の火星と対極の位置
にあることは、
その生涯及び政治的な行動が良くも悪くも強烈なものに
ならざるを得ない側面を表しています。



それはカストロ氏がその生涯で幾度も暗殺の危機に直面して
きたことにも表れていますが、その反面幾度もその危機を
乗り越えて天寿を全うした強運さも併せ持っていたとは
いえます。



そこは彼のホロスコープ上における、地の宮と水の宮の
エレメントに配置されている月、金星、火星、土星、天王星、
冥王星の吉相の角度形成による恩恵と見られますし、
この点が数々の困難さをカバーしてきたともいえるでしょう。



今後カストロ氏の正確な歴史的評価は、おそらく百年以上
経過しなければわからないところですが、いずれにせよ
その世界史的存在のインパクトは大きなものであったことは
間違いありません。







ブログランキングに参加しています。

良ければ記事を読まれた後にクリックして
いただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村






スポンサーリンク

posted by アロー at 16:59 | ケーススタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。