2016年06月13日

記事549 ケーススタディ モハメド・アリ(元プロボクサー) 後編


main.jpg
ttp://www.cinematoday.jp/image/N0069846より引用


モハメド・アリ氏の逝去後のメディアの報道の多くは、
現役時代の選手としての実績以上に社会運動家としての
側面にクローズアップしたものが多いのですが、それは
彼がアマチュア・プロ時代のボクサーとしての活躍が
あってこそのものであり、事実ボクシングの専門誌での
歴史上の偉大なボクサーを選出するいわゆる「オール
タイム・ランキング」では、トップランクの常連

あるのです。


プロボクサーとしてのアリ氏の成功の要因をホロスコープで
見たときに、まず目につくのは太陽と月が山羊座にあることで
すが、占星術上では山羊座というのは肉体的な頑健さと精神力
の強靭さを象徴する星座であり、山羊座の持つ野心的な志向性
も相まって、これは彼がプロボクサーとして成功する素養が
本来的に高い
ものであることを示しています。


特に太陽のみならず月が山羊座に位置することは、社会的な
地位に対する渇望をも意味しているわけで、これは現役時代の
史上初の三度の世界王者復帰という偉業にも象徴されていると
言えるでしょう。


さらに火星が牡牛座にあることも彼の肉体面での強さを
格段のものとしていることを示し、様々な圧力や環境の
変化にも屈しないだけの忍耐力と持続力としてのを、
この火星の牡牛座からそのパワーとして供給を受けて
いた
とみることができますし、同じく牡牛座に位置する
土星もこの場合は凶意として作用するのではなく、
むしろ彼自身に対する精神面での強化という点に作用
したであろうと思われます。


またアリ氏の誕生星座である山羊座からみると木星が
双子座にあることは、彼自身の職業上のキャリアに
おける成功を象徴する位置にある
ことを示すもので、
この点においても(社会運動家としての側面は別にしても)
生涯を通して職業人としての成功は約束された運命に
あることがわかります。


こうしたプロボクサーとしての若き現役時代の栄光は、
モハメド・アリ氏の人生を語る上での最も基礎となるべき
側面であり、そのことは西洋占星術におけるホロスコープ
上の観点においても、むしろこの部分こそが最重要な点で
あるように私自身は思いますし、このことこそが彼をして
まさに「ザ・グレーテスト」と世に言わしめた源泉である
ことは間違いないと確信します。



モハメド・アリ氏のご冥福を心よりお祈りいたします。





スポンサーリンク

posted by アロー at 16:04 | ケーススタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。